こだわり住まい雑記


暮らしの場面で出会うデザインへの思いと日々の印象を徒然に綴っています。
by atelier-com-i
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

車イスは繋がる・・・

「是非使ってもらって!」

母が5年間お世話になった車椅子。
b0141878_17212532.jpg


先日、友人Nさんとランチしたとき彼女が
「母の外出時にぼちぼち車イスが必要なのでリサイクルショップで探そうかな〜」と。

ワタクシが8年前に知人の I さんからお借りしていた車イスを思い出した。
使われなくなり部屋の片隅に畳まれていた。
『返さなくては・・・』とずーっと気がかりだった。

翌日、 I さんをお訪ねして事情をお話ししたら
即答!「必要な人が使えばいいのよ〜」と。

介護認定を受ければ介護ベッド同様に安価で貸していただけるが
まだ介護認定を受けてない場合は自費購入になる。
お母様の通院(透析)の移動に不安を感じ始めていると言う話に加え
「今度のような震災時に移動手段が無くなったときが心配なの。」

母も自宅で生活できていた時は
家の中では支えられてなんとか歩いていたが
外出の際にはこの折りたたみの車イスがとても重宝した。

そしてその日の夕方
Nさんがお母様、お姉様と一緒に車いすを受け取りに来られた。
母が使っていたクッションも持って行ってもらった。

因に、母は家の中で使える自走式の車イスを介護保険で借りたけれど
ほとんど使わなかった。
脳梗塞を患った母には左右の腕のバランスが取れず、自分で操れなかったのだ。

『障害は一人ずつ違う』のを実感した。


快く車イスを貸し続けてくださる I さんに感謝します。
そしてこれからも友人のお母様の<生活の質の維持>が出来ます様に。
[PR]
by atelier-com-i | 2011-03-28 18:08 | バリアフリー

お仕事中の彼(彼女?)

昨日の夕方、地下鉄の車内で・・・
b0141878_17511492.jpg

パートナーの足下で目的地まで電車の揺れにじーっと動かずにいた彼(彼女?)。
カメラに収めていいものか?と迷ったけど・・・パチリ。
比較的混んでいた車内だったんですが
周りの乗客も彼?を踏みつけないよう気を配っていました。
心の中で『アリガトウ』


そして
ワタクシたちが向かった先はあの車いす体験から引き続いている講座。
b0141878_17513138.jpg

昨日が7回目。後一ヶ月、残り3回です。
段々、レポートやらなんやらでハードに成って来ました。
ガンバッテ休まず受講しています。


そんな頑張っている^^:ご褒美でしょうか?
昨日の講師はまだお互いが独身の頃に仲良くして頂いたTさん!でした。
25年振りの再会です。
年一回の賀状のやり取りは続いていたのに
ほとんど近況を知らず・・・ビックリ!!
講座修了後他のスタッフや受講者の方と一杯!やりました^o^:
話しは尽きず再会を約束してお開きになりました。

あの頃ただ可愛かった彼女の、その後に起こったさまざまな試練に
真摯に向き合い歩いて来た人生に、深い感慨を覚えます。
二度目の偶然の出会い・・神様に感謝^^*
[PR]
by atelier-com-i | 2009-09-04 18:20 | バリアフリー

『土曜日に仕事』のご褒美

土曜の午後、豊田で一仕事。
終了後、Tさん(仕事で出合ってもう15年)が
「お茶しません?お気に入りの所が有るんですよ。のんびりできるし^^*」


ご存知?トヨタスタジアムで〜す
b0141878_1914035.jpg

からっとした陽気の中、心地良い風に吹かれながら
スタジアムの周りを一周してみました。

いつも豊田に来る度にこの勇姿?を遠景で眺めてばかりだったので
ちょっとテンション上がりました。
Tさん「時々お昼休みに自転車で此処まで来てお弁当食べるの」
羨ましい*^^*

中もしっかり覗けました。
ヒトケの無い観客席
b0141878_19142257.jpg
b0141878_19143722.jpg

b0141878_19144869.jpg












このレストランでティータイム。
b0141878_1915793.jpg

眺めも最高でした。
グランパスの展示コーナーも有るんですよ。
市が運営しているので、町のレストランよりお値打ちです!
時間を忘れておしゃべりしました。


暑かったのでしょうね。噴水で遊ぶ異国の親子連れが
小さなボーヤがパンツ一枚で楽しそうにしていました。
b0141878_19151966.jpg

すぐ目の前の河川敷ではフリスビーの対抗戦
(ラグビーのようなフォーメーションでフリスビーの投げ合いをしていました)
b0141878_19152865.jpg



デジカメを持って行かなかったのでケイタイの写メで撮ったので
不鮮明でゴメンナサイ。

スタジアムをじっくり見学できて、嬉しかった〜*^_^*
[PR]
by atelier-com-i | 2009-06-08 19:44 | バリアフリー

忘年会でした。

契約頂いている企業主催の忘年会・・・。
宴も終盤、ウーロン茶ではイマイチ乗りきれず・・・
b0141878_1402213.jpg

『照明きれいだなあ』とか『この花なんて言う名前だろ』とか・・・
b0141878_1401215.jpg

最近の立食パーティーの料理は寿司、オードブルは当然ですが、
<キムチ鍋><湯豆腐><鳥鍋><味噌土手風><?>
鍋が5種類もテーブルに並んでました。
久しぶりに世の中の年末行事に参加して
新鮮でした。

ビンゴゲーム/真っ先に番号ゲットしたのに
終わってみたらほぼ『スカ』でしたが、
連れ合いはビンゴすらせず、空笑いでした。
[PR]
by atelier-com-i | 2008-12-12 14:16 | バリアフリー

バリアフリーリフォーム<手摺>

<手摺>
付けられるところは出来るだけ付けましょう。
移動用には水平に。高さは床から80cm前後(身長に合わせましょう)
写真のように台座付きのものなら取付が比較的自由です。
b0141878_117946.jpg

ドア等外せるなら無くしてカーテンに換えるのもいいかも。
介助もし易いです。手摺は連続してるといいですね。
b0141878_1162185.jpg

立ち上がり用には縦方向の手摺が力が入っていいです。
特に段差があるところで手摺が有効です。
b0141878_1183883.jpg

外出が自由にならないとき、ちょっとベランダに出るのも心のバリアフリーです。
また日光に当たるのは骨粗鬆症予防対策に有効です。
b0141878_1185882.jpg

ベランダに面した部屋の内側と外側の両方に手摺を付けましょう。
床の材質が変わったり、微妙な段差がとても不安に思えるようです。
白い手摺は浴室用のものです。
ステンレス製は冬場は冷たいので、
例えばテニスのラケットのグリップ用テープを巻くと少し緩和されるのでは。

手摺と一概に言っても、
あくまで使う方の身体状況や住まいの状況でいろいろでしょうが、
転倒が高齢者の骨折の主な原因です
『転ばぬ先の杖』も大切。と思う此のごろです。
[PR]
by atelier-com-i | 2008-12-03 11:55 | バリアフリー

バリアフリーリフォーム<玄関part2>

手摺、ベンチ以外に結構役立つのが下駄箱
マンションの狭い玄関では靴を脱いだり履いたり、
場合によっては「ちょっと一服、一休み」てことも。
b0141878_15164255.jpg

下駄箱は、しっかり掴まれると靴の脱着だけでなく
上がり框の段差を乗り越えるのに強い見方になります。
b0141878_15155361.jpg

高さは90〜100センチ前後(おっぱいとおへその間くらいでしょうか)
b0141878_15171978.jpg

10センチ程度の段差を乗り越えるのでさえ
高齢者(足に軽い障害のある方)は大変ですね。
介助者がいる時でも靴の脱着時には
どうしても一時的に片足立ちになります。
しっかり下駄箱につかまって頂いて
片足づつ脱いで框に上がってもらいます。
あとは段差の無い室内なら
手摺につかまりながら家の中へ。
そして出来るだけ物が出ていないよう片付けましょう。
スリッパは履かない方がいいかも知れません。
玄関マットも外してしまいましょう。

高齢者、障害のある方・・何がバリアなのかは一人一人違います。
バリアフリーの対処法も千差万別ですね。

次回は、<手摺>の話を。
[PR]
by atelier-com-i | 2008-11-25 16:24 | バリアフリー

バリアフリーリフォーム

きっかけは・・・
「頻繁に鍋を焦がすようになってしまって・・・。
 ガスコンロを電磁調理器に換えたい」でした。
向かいに住む娘一家の助けを借りて『一人で暮らす。』
を前提に始まったリフォームでした。
5年間で3期に分けてのリフォームでした。
介護4(ほとんど助けが必要な状態)まで頑張りました。
そして・・・2年前までここで暮らしました。

b0141878_16432874.jpg


バリアフリーの話:<玄関part1/ベンチ>。
b0141878_16424351.jpg

マンションの狭い玄関では何が出来るでしょうか?
小さな腰掛けがあるだけで随分安心感が生まれます。
高さはダイニングの椅子の座面よりほんの少し高めでしっかり固定しましょう。
勿論、立ち上がりのための手摺もつけて。

靴の脱着だけでなく、
デーサービスのお迎えが来るまで
早めに準備出来れば、腰掛けて待っていられます。
慌てるのが一番危険。

次は玄関part2で。
[PR]
by atelier-com-i | 2008-11-18 17:24 | バリアフリー

最新のトラックバック

検索

ファン

ブログジャンル

日々の出来事
住まいとくらし

画像一覧